チケット二次流通の売買仲介サービス「チケットストリート」
消費税率変更に伴う各種手数料変更のお知らせ
10,000円以下の取引で最大約50%の値下げを実施
―NBL(日本バスケットボールリーグ)公認以降、増加するスポーツ取引に対応―

 チケットストリート株式会社(東京都品川区:代表取締役 山本 翔、以下チケスト)は、2014年4月1日(火)、
サービス利用に伴う取引手数料を変更いたします。変更内容の詳細は下記をご確認ください。

 チケストは2014年2月に日本バスケットボールリーグ(NBL)と提携し、日本で初めて興行主催者公認での二次流通を取扱開始いたしました。この影響もあって、プロ野球やサッカー、バスケットボール、モータースポーツなど、スポーツ興行チケットの取扱数が増加しています。
 今回の変更により、10,000円以下の比較的低価格な取引における手数料は最大50%値下げとなり、ファンの皆様により安価にチケットをお届けすることが可能になります。

■変更後(2014年4月1日以降)の各種手数料
<取引手数料(売り手負担)>
取引額~¥5,000まで 400円(税別)
取引額¥5,001~ 手数料8%(税別)

<決済手数料(買い手負担)>
取引額~¥10,000まで 300円(税別)
取引額¥10,001~ 手数料3%(税別) 
※キャンペーン中につきコンビニ決済手数料は一律¥500(税込)

<「安心プラス」オプション料(買い手負担)>
取引額~¥10,000まで 1000円(税別)
取引額¥10,000~ 手数料10%(税別)


■(参考)2014年3月31日までの各種手数料
<取引手数料(売り手負担)>
取引額~¥10,000まで 800円(税込)
取引額¥10,001~ 手数料8%(税込)

<決済手数料(買い手負担)>
取引額~¥20,000まで 630円(税込)
取引額¥20,001~ 手数料3%(税込) ※コンビニ決済手数料一律¥500(税込)

<「安心プラス」オプション料(買い手負担)>
取引額~¥10,000まで 1,000円(税込)
取引額¥10,000~ 手数料10%(税込)

■「チケットストリート」サービスについて
  チケットストリートは、「ライブ・エンターテインメントの感動をすべての人に」というミッションのもと、音楽・演劇・スポーツ等のライブ・エンターテインメントチケットについて「譲りたい人」「欲しい人」の取引を仲介する、興行チケット二次流通サービスです。
 2014年2月、日本初の主催者公認によるチケット二次流通としてNBL(日本バスケットボールリーグ)と提携いたしました。
  お客様に対し「偽造チケット」や「公演日までのチケット未達」の際の返金を保証するほか、主催者による公演中止や延期の際も当社が購入代金を補償する「安心プラス」サービスを提供し、二次流通の健全化と安心・安全な取引に貢献しております。


【本件に関するお問い合わせ先】
チケットストリート株式会社
広報担当:info@ticketstreet.jp