「2016年1月:熱い!ライブ指数ランキング」を発表
関ジャニ∞、キンキ、WEST・・・関西勢ジャニーズが上位を占拠!
星野源ら人気アーティストのツアー開幕ラッシュでランキングも一転!?

 興行チケットの総合流通プラットフォーム「チケットストリート」(http://ticket.st/)を運営するチケットストリート株式会社(東京都品川区:代表取締役 西山 圭、以下、チケットストリート)は、「2016年1月:熱い!ライブ指数ランキング」(※1)を発表いたします。

 ※1 「熱い!ライブ指数ランキング」算出方法
「熱い!ライブ指数」は、チケットストリートが2014年12月より発表を開始した、ライブ・エンタテインメントにおける熱狂度を表す指数。1/1~1/31の間に開催された総観客動員数約1万人以上の公演を対象として、「動員数」「2次流通における取引状況」などの要素を元に算出。

各アーティストごとの解説など、ランク詳細はこちら➡https://ticket.st/hot_ranking/hr1601
hr_20160209_image



●関西勢ジャニーズがそろって猛突進!上位を独占
 1月の王座に輝いたのは、12月から『関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!』を開催していた関ジャニ∞。前月4位からの大躍進となった。5大ドームツアーの最終日である1月17日の京セラドーム大阪では、メンバーの大倉忠義が腸閉塞のため欠席というハプニングに見舞われたものの、他のメンバーが歌詞の中に大倉忠義ネタを入れ、大倉忠義を励ます姿を見て、ファンの気持ちはほころんだようだ。渋谷すばるも「壮大なコントやと思って頂ければ幸いです」と発言。メンバーの仲の良さと絆を再確認できた結果になった。
 恒例の冬コンで沸かせたKinKi Kidsは3位にランクイン。こちらも前月の9位という結果を大きく上回る結果に。20周年に向けた動きも期待される中、堂本光一からは「お約束します!来年は活動が多くなります!でも約束は破るためにある!」と思わせぶりな発言が飛び出した。堂本光一の『Endless SHOCK 2016』と堂本剛の『TU FUNK ALL STARS CON!CER-TU』のソロ活動が2月から開始。まだまだキンキの快進撃は続きそうだ。
 先輩グループに対して、同じく関西組の意地を見せたのはジャニーズWEST。4位にランクインを果たした。1月3日の大阪城ホールから開幕した『ラッキィィィィィィィ7』は残すところ3月、4月の5公演。次回のランキングでも上位入りになるか?

●人気アーティストのライブ解禁でランキングに異変?
 1月からツアーを開始したアーティストが数多くいることもあり、1月のランキングは異変が見られた。2015年後半のランキングではあがってこなかった名前が続々と登場。
 1月9日の札幌・ニトリ文化ホール公演を皮切りに約2年間ぶりとなる全国ツアーをスタートした星野源は5位にランクイン。ファンからは「途中で差し込まれる映像にすごい人物が映っていた!」という興奮の声や、「神セトリだった!」という満足の声が続々とあがっている。今回のツアーは3月まで続く予定だ。
 1月30日から待望のアリーナツアーを開始したSHINeeが9位にランクイン。1月1日にリリースされたニューアルバム『D×D×D』は1月11日付けのオリコンウィークリーチャートで1位を獲得し、ツアー開幕前からも注目を集めた。5月まで続く『SHINee WORLD』が今後ランキングでどう勢力を広げていくかに注目だ。

●見納め需要?チケット人気が沸騰したアーティスト
 ツアー開幕ラッシュに対し、ツアー終盤戦で人気沸騰を見せたのは国内の女性ソロアーティストだ。11月から『中島みゆきConcert一会(いちえ) 2015~2016』を開催中の中島みゆきが18位にランクイン。最近では缶コーヒーBOSSのCM楽曲も話題に。その歌声をお茶の間まで届けたが、歌姫の神髄はやはりライブで発揮される。「圧倒されて失神するほど」、「一切くぐもることのない声と言葉はもはや神業の域」など絶賛の声が後を絶たない。
 また、同じく11月からツアーを開始した絢香が22位に。プライベートでは昨年6月に出産を経験し母になったばかりだが、今回のツアーは「2016年の10周年記念につなげるための大切なものにしたい」という彼女の願いから育休を取らず、その代わりに規模を縮小している。夫である水嶋ヒロが自身のInstagramで垣間見せる育メン姿も話題となっており、夫婦二人三脚のライブは2月27日まで行われる予定だ。

●冬季限定フェス&舞台も食い込みランクイン!
 年始に幕張メッセで行われたEDMフェス、『electrox 2016』が20位にランク入り。今年もAFROJACKをはじめとする人気DJ陣がフロアを沸かせた。また、国内からの参加陣としてEXILEパフォーマーを卒業したDJ MAKIDAI、VERBAL、DJ DARUMA、そしてEXILE HIROからなるユニットPKCZ®の出演も話題となった。
 同じく冬季限定イベントとして、『ジャニーズワールド』が28位にランクイン。1月27日の最終公演を前にチケット需要が高まった模様だ。今年はバラエティ番組でも活躍を見せるA.B.C-Zや、『ミュージックステーション』への出演も話題になったHiHiJETなどが活躍を見せた。

●マモ、奈々さま!ベテラン声優たちは不動の人気
 アニメ・声優界からは、宮野真守が10位にランクイン。全国7都市を駆け抜けた『MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2015-16 ~GENERATING!~』の最終章は1月30日、31日に東京・日本武道館で開催された。これまでランキング入りとはならなかったものの、有終の美を飾った。ライブの恒例となっている幕間映像では、過去の幕間映像で宮野が扮したキャラクター「マモウサギ」、「原始人マモモ」などが登場。相変わらずのサービス精神とギャグセンスで会場を沸かせた。今年は、舞台『王家の紋章』への出演も決定しており、声優界きっての有力株の今後の展開に目が離せない。
 同じく声優界のレジェンド、水樹奈々は24位に。4月には東京ドーム公演も予定している。日本人女性ソロ歌手としては史上8人目、声優としては初めての開催という伝説を持つ場所であるがゆえ、4月のランク入りも期待したい。

【指数の利用について】
本指数については、「出典:チケットストリート http://ticket.st/」のクレジットを表記いただければ、ご自由に引用・利用していただくことができます。

 「チケットストリート」はファンの方々とともに、ライブ・エンタテインメントがより身近な存在になるよう市場の拡大と普及に貢献をしていきます。

■「チケットストリート」サービスについて
s_ticketstreet
 http://ticket.st/
 ライブ・エンタテインメント、スポーツ等のチケットの流通拡大を目指す、総合流通プラットフォームです。チケット二次流通サービスとして日本初の「主催者公認」を受け、チケット仲介の世界最大手「スタブハブ」の日本における独占パートナーとなっているほか、主催者販売「チケットストリートプラス」を展開しています。
 全てのチケットに「配送保証」「本物保証」「座席内容保証」を提供、また二次流通チケットについては業界唯一の、「公演中止・延期時の返金補償」「入場補償」「代替チケット手配」サービスを提供しています。
 チケットストリートは、「ライブ・エンタテインメントの感動を、すべての人へ」をキャッチフレーズに、健全な興行チケット流通モデルの構築を通して、ライブ・エンタテインメント市場の拡大と普及に貢献してまいります。

■チケットストリート株式会社 概要
代表取締役: 西山 圭
設立: 2011年8月
所在地: 東京都品川区西五反田2-27-4 明治安田生命五反田ビル5F
古物商許可番号: 東京都公安委員会 第302171104982号

【本リリースに関するお問い合わせ先】
チケットストリート株式会社 広報担当:飯田
Email: pr@ticketstreet.jp
TEL: 03-6417-0330