本日、兵庫県警により弊社代表取締役ならびに役員・社員が、盗品等有償処分あっせんの疑いで神戸地方検察庁に書類送検されました。

 弊社のサービスをご利用のみなさま、取引先さま、パートナーさまなど関係者のみなさまには、多大なご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

 弊社は2018年からチケット不正転売防止のための仕組み作りを開始しておりましたが、今回の容疑となった事案は、その仕組みづくりを進めている最中である2019年2月に起きたものでした。

 弊社では現在、不正転売者によるサービスの利用を排除するため、取引内容を常時モニタリングし、不正転売の疑いがある取引を発見した場合は、警告を発し、最終的にアカウントを凍結(取引制限)する対応をとっております。 また、警察庁および各都道府県警察と連携し、チケット不正転売禁止法、その他の法律に違反するおそれのある事案について、照会に応じて必要な情報提供を行うなどの協力をしています。

 弊社としては本件を厳粛に受け⽌め、引き続き不正⾏為を未然に防ぐ体制を強化しつつ、捜査にも全⾯的に協⼒してまいります。
 今後、発表するべき事案がありましたら速やかにお知らせ致します。
以上